ブログ

妊娠7ヶ月3週目、糖質制限をはじめます!

初めまして。ごまふと申します。

妊娠前(162cm/72kg/BMI27.43)  から

7ヶ月検診の時点で約5kg増え、胎児も800gと順調でしたので、

これから出産に向け、少しでも適正体重に近づけるために

江部康司先生考案の糖質制限

渡辺信幸先生考案のMEC食を参考に、

食事療法を始めることにしました。

 

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

糖質制限とは?

糖質制限とは、米・パン・麺類などに含まれる炭水化物や、お菓子やフルーツなどに含まれる糖質の摂取量を減らし、たんぱく質や脂質でカロリーを補う食事療法のことを言います。

京都、高雄病院の江部康二先生が、糖尿病治療などに用い、ご自身の多くの著書でも定義されている糖質制限の種類があります。

①プチ糖質制限

プチ糖質制限で定められている目安
 ・1食あたり糖質50〜60g以下
 ・1日あたり糖質110〜140g以下

減量効果の現れ方はとても緩やかです。

②スタンダード糖質制限

スタンダード糖質制限で定められている目安
 ・1食あたり糖質50〜60g以下
 ・1日あたり糖質70〜100g以下

こちらも減量効果の現れ方は緩やかです。

③スーパー糖質制限

スタンダード糖質制限で定められている目安
 ・1食あたり糖質10〜20g以下
 ・1日あたり糖質30〜60g以下

一番早く減量できる方法です。

 

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

MEC食とは?

沖縄の渡辺信幸先生が考案された食事療法です。

『MEC』とは、Meet/Egg/Cheese の頭文字から作られた言葉です。

 

MEC食のルール

・1日に肉200g以上食べる
・1日に卵を3つ以上食べる
・1日にチーズを120g以上食べる
・1口につき30回以上噛む

肉・卵・チーズはどれだけの量を食べてもいいというのがMEC食になります。

調理に使う油はラードを推奨していて、バターも積極的食べて良いそうです。

食物繊維が不足する分、水分と脂質はたっぷり摂取することが推奨されています。

 

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

糖質制限とMEC食の違い

江部康司先生の糖質制限では糖質の摂取量の制限を重要視にしているのに対し、

MEC食では肉・卵・チーズをよく噛み食べることを重要視しています。

結果的にはどちらも糖質制限になるのですが、考え方の出発点が違います。

 

どちらも減量のために考案されたわけではないので、カロリー制限はありませんが、

あまりにも摂取カロリーが多すぎなければ適正体重までは減量できるとされています。

逆に、基礎代謝を下回るカロリー制限と併用すると体調不良を起こしやすいので

注意が必要です。

 

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

当面の私独自ルール

・1日あたり糖質摂取量100g以下に抑える
・1日の摂取カロリーを1700Kcal程度に抑える
・1日に、肉を200g/卵を2個/チーズを30g 以上食べる
・1口につき30回以上噛む

実践しながら、体調や体重の変化などを観察して内容を変更していきます。

次からは実践編です!